骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI
信頼できる骨董品買取店NAVI

知らなければ損をする!骨董品の基礎知識を得て買取サービスを賢く利用しましょう

骨董オークションのメリット&デメリット

このページでは、出品者として骨董品をオークションで売却する場合のメリットやデメリット、注意点などを紹介します。

一般人が骨董品を出品できるオークションとは

手持ちの骨董品を売る方法は、専門店である骨董品店に買い取ってもらうだけでなく、オークションを通して売るという方法もあります。

まずは、骨董品を出品できるオークションにはどんなものがあるかを紹介しておきましょう。

美術品や骨董品の競売専門オークション

骨董品店や競売専門会社が開催するオークションで、通常は古物商許可を持つプロが参加する場ですが、一般人が参加できるものもあります。

主催側が真贋や保存状態をチェックして出品することになりますし、買い手も専門家なので、価値ある骨董品を出品するなら適正価格で落札される可能性は高いでしょう。

ただし、基本はプロ向けの場なので参加登録料をはじめとして、それなりの費用がかかるので、高値が付くことがわかっている骨董品でないと出品する意義はありません。

骨董市などで開催されるオークション

これもプロやマニアが参加する場ではありますが、上で紹介したオークションに比べればフランクな雰囲気で開催されます。骨董品店によっては毎月のようにこうしたイベントを実施しているところもあり、事前に問い合わせをすれば、一般人でも出品できるものもあります。

こちらはニュースになるような稀少品が出品されるわけではなく、庶民的な物も売買されるので、雰囲気を味わうだけでも十分楽しめるでしょう。いっぽう、真贋や品質などを誰かがチェックしてくれるわけではありませんので、その点は注意してください。

ネットオークション

ヤフオクにも「ホビー、カルチャー」カテゴリーや「アンティーク、コレクション」カテゴリーを見ていくと、美術品や工芸品をはじめ、収集家に人気のある各種アイテムが出品されています。

手間暇かけずオークションに出品できるというのはメリットですが、落札者とのやりとりは個人の責任となるので、一点モノの美術品や骨董品は真贋や保管状態などで齟齬が起きやすいのがデメリット。

出品者として【悪い評価】を付けられるリスクも十分にあります。

骨董品をオークションで売ることのメリットとデメリット

上で触れたオークション方式による違いは別としても、骨董品をオークションで売ろうとする場合、どういった点がメリットでどういった点がデメリットになるかを整理してみましょう。

メリット

ごく少数の人にしか価値を認められていないアイテムでも高値で売却できる可能性があります。骨董品の買取サービスも流通ビジネスの一形態であり、大きな仕入リスクをとって需要の少ない物品を高値で仕入れることはしないもの。

一方で、オークションのような場になると、そもそも購入意欲のある人が集まっているわけで、数人が競り合うだけで落札価格がアップすることもあります。ビジネスレベルでは非常にニーズの少ない物でも、オークションのように買い手側がリアルタイムで買値を決められるシチュエーションになると、通常の需給バランスとはまったく違った購入意欲が生まれるわけです。

特にネットオークションの場合、世界中に数人しかいない買い手に接触できる可能性が生まれます。そもそも骨董品はすべて一点モノなので、ひとりでも欲しいという人が見つかればいいわけです。

デメリット

上記の逆で、オークションに出品したからといっても、まったく値がつかず、落札されないこともあり得ます。会場オークションだと売りたい時にすぐ売れるわけではありませんし、ネットオークションで落札されたとしても取引完了まではある程度の時間はかかります。

また、絶対に避けたいのは鑑定などをまったくせずに、稀少性の高いアイテムを出品してしまうこと。

レアケースではありますが、安値で落札されたものが実は高値で売れる稀少品だったとしたら、後悔先に立たず!です。

美術館や博物館に展示されるレベルの骨董品が一般家庭から見つかることはそうそうないでしょうが、江戸末期から昭和あたりの時代なら、後に名をなした作家の作品が旧家の物置でお蔵入りしているというケースはあり得ます。

こうした現実を踏まえると、買取サービスとオークションとは以下のように使い分けるのがいいのではないでしょうか。

  1. 価値は不明だが古い物や稀少な物がある→骨董品店に鑑定依頼
  2. 査定額に納得した or すぐに現金化したい→骨董品店に買取依頼
  3. ごく少数のマニアがいるアイテムがある→オークションに出品

といった具合に、まずは鑑定で信頼できる骨董品店に相談してみてください。

美術品や骨董品、あるいはコレクターズアイテムとして一定規模の市場がある物なら正当な査定額はつくと思います。

そのうえで、買取サービスでは安値にはなるものの、ごく少数マニアが存在するジャンルのアイテムがあれば、それだけは自分でオークションに出してみるのもいいかもしれません。

 

中国美術が
得意な骨董品店

本郷美術骨董館本郷美術骨董館公式HPの画像
公式HPを見る

日本美術が
得意な骨董品店

思文閣
思文閣公式HPの画像
公式HPを見る

    西洋美術が
    得意な骨董品店

    アート買取協会アート買取協会公式HPの画像
    公式HPを見る
       
       
      骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI