骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI
信頼できる骨董品買取店NAVI

知らなければ損をする!骨董品の基礎知識を得て買取サービスを賢く利用しましょう

高価買取のために必要なこと

このページでは、アイテム別の保管方法や付属品の有無など、古美術や骨董品を高価買取してもらうためのポイントを紹介します。

より高値で古美術・骨董品の買取を成功させるには

自分が持っている骨董品に、古美術としての価値がどのくらいあるのか、買取依頼をするとすれば、できるだけ高く査定してもらいたいと思うのが当たり前です。

そこで、骨董品店などに相談する前に、自分でできることや注意しておきたい点を6つほど紹介しておきます。

保管状態をできるだけよくしておく

絵画や書物、掛け軸など紙や布が湿気に弱いのはいうまでもなく、陶器にも吸水性があるため湿気は大敵。ジメジメした倉庫の奥で放置するよりは、換気ができて温度・湿度とも安定した環境で保管する方が劣化を防げるのは当然です。

なお、汚れているからといって知識もなく掃除するのはNG。汚れを落とすつもりでも、見えないキズをつけてしまうなど、専門家でなければ作品にダメージを与えてしまうこともあります。

付属品や鑑定書などをきちんと揃えておく

これは骨董品や古美術に限ったことではなく、買取サービスに持ち込む際は本体だけでなく付属品がすべて揃っている方が評価は高くなります。

掛け軸や陶磁器などは箱もある方がいいですし、食器セットなどは全アイテムが揃っているにこしたことはありません。また、鑑定書もあれば提示することです。

早めに専門家に買取相談する

上でも触れましたが、骨董品の保管は環境に依存する要素があり、一般家庭では改善することはできても最適環境を用意することはまずできません。

したがって、偶然見つけたにしても、処分しようと思ったとしても、できるだけ速やかに買い取ってもらう方が物の価値が高くなる可能性があるわけです。

買取サービスで信頼できる骨董品店を選ぶ

一般人が骨董品や古美術の買取サービスを利用する場合、こうした買取サービスで実績があって信頼できる骨董品店を選ぶことも大切です。

鑑定能力の高さはもちろんのこと、対応できるジャンルが合うか、一般人に対しても丁寧な接客対応をしてくれるかなど、チェックすべきポイントはあります。

出張買取もしくは出張鑑定を依頼してみる

仮に貴重な骨董品を見つけたとして、梱包や搬送の過程でダメージを与えてしまうリスクも十分あります。

保管状態の改善は心掛けるとして、出張で買取・鑑定しているサービスを利用すれば、現状のままでの査定を受けることができます。

買取に出す前に知っておきたいジャンル別注意点

骨董品や古美術はすべて一点モノであり、保管状態によっては刻一刻と劣化が進んで、査定評価も下がってしまいます。

絵画については、キャンバスや和紙など用紙だけでなく、油絵や岩絵具などもデリケートな性質を持っています。近くで見ると絵具が剥げていたり、ヒビやカビなどが見られるものあるほど。湿気やホコリ、そして紫外線なども悪影響を及ぼすので注意してください。

焼き物は、初期伊万里や古九谷、柿右衛門などのレアなものや、著名な作家モノは高評価される傾向があるものの、箱もなく複数の焼き物に紛れていると見分けられないこともあります。

茶道具はなんといっても箱書きの有無が重要。これがある意味鑑定書にもなるわけです。また、茶道具は骨董品だけでなく現代陶芸でも高価買取される作家モノもあります。

 

中国美術が
得意な骨董品店

本郷美術骨董館本郷美術骨董館公式HPの画像
公式HPを見る

日本美術が
得意な骨董品店

思文閣
思文閣公式HPの画像
公式HPを見る

    西洋美術が
    得意な骨董品店

    アート買取協会アート買取協会公式HPの画像
    公式HPを見る
       
       
      骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI