骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI
信頼できる骨董品買取店NAVI

知らなければ損をする!骨董品の基礎知識を得て買取サービスを賢く利用しましょう

根付

このページでは、江戸時代の携帯ストラップともいえる根付について、簡単な歴史や人気アイテム、骨董品店の買取に出す際のポイントなどを紹介します。

歴史や魅力がわかる根付ガイド

根付とは、印籠やタバコ入れなどの紐部分に付けた留め具であり、江戸時代当時は一種のアクセサリーとしても流行ったアイテム。

現代の携帯ストラップにも、キャラクターなどの実用性だけではない様々な意匠の物が付いているのと同様、単なる留め具ではなく美術工芸品として作り込みされた作品が多々あるわけです。

なお、江戸から近代にかけて作られた根付は古根付、昭和以降のものを現代根付と呼んで区別する傾向もあります。

明治以降、人々の生活は着物から洋服に変わっていくに従い、日常使いの根付市場は縮小していきましたが、観賞用途や輸出用途としての制作は継続されました。

特に海外のコレクターが注目するようになって以降、江戸時代の作品もかなりの量が輸出され、根付の主要コレクターは日本人ではなく欧米人ともいわれています。

ちなみに、海外オークションで人気を集める根付師としては江戸時代の内藤豊昌、幕末から明治時代の大原光廣などが挙げられます。

根付の形状や材質など

根付はその形状によって分類することができます。主なものを以下に紹介しておきます。

  • 形彫り根付/モチーフは人物や動物などで、六面体の形状のもの。
  • 鏡蓋根付/象牙を皿状の台座として金属の蓋を載せたもの。
  • 差し根付/着物の帯に差してぶら下げるタイプ。
  • 饅頭根付/丸く平たい、饅頭のような形のもの。
  • 柳左根付/形は饅頭型に近く、透かし彫りで中空構造としたもの。
  • 面根付/鬼やおかめなどの面をかたどったもの。
  • 印章根付/底面を彫って印章にしてあるもの。

なお、根付の素材は木材、金属、陶磁器、ガラス、そして動物の角など様々なものが使われています。中でも主流といえるのがツゲや象牙。逆に、一角鯨や犀の角を使ったものは輸入素材となることもあり、かなり珍重されるようです。

ちなみに、根付の売買価格でもっとも高額だったのは、ロンドンのオークションで競り落とされた象牙製の根付ではないでしょうか。円換算で3千万円を超える落札価格となりましたが、意匠としては獅子を象った18世紀後半の作品です。

 

中国美術が
得意な骨董品店

本郷美術骨董館本郷美術骨董館公式HPの画像
公式HPを見る

日本美術が
得意な骨董品店

思文閣
思文閣公式HPの画像
公式HPを見る

    西洋美術が
    得意な骨董品店

    アート買取協会アート買取協会公式HPの画像
    公式HPを見る
       
       
      骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI