骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI
信頼できる骨董品買取店NAVI

知らなければ損をする!骨董品の基礎知識を得て買取サービスを賢く利用しましょう

古切手

このページではコレクターズアイテムとして名高い「古切手」について、簡単な歴史やどの時代や国の切手が人気なのか、骨董品店へ買取に出す際の査定ポイントなどを紹介しています。

19世紀から始まる古切手の歴史や人気アイテム

古切手はコレクターズアイテムとして人気が高い品の1つ。世界最初の切手は1840年に発行されたヴィクトリア女王の肖像画が書かれたものです。骨董品としては比較的新しい部類になります。

中でも高額で取引されている切手は主に3種類あり、「中国切手」「記念切手」「プレミアム切手」です。

■中国切手とは
中国の歴史的な記念として発行されている切手のことです。高額で取引されているのは、希少価値の高い毛沢東時代のもので、中には数千万円にもなる切手も。

■記念切手とは
国家的イベントを記念して作られる郵便切手のこと。枚数が限定されているので、通常の切手より入手が困難なことから高値がつくこともあります。

■プレミアム切手とは
プレミアの付いている記念切手のことを指していて、特に昭和30年以前のものは希少価値が高いとされています。

特に取引が活発化しているのが「中国切手」です。歴史的に希少価値が高く、富裕層や権力者も集めていることから高額になりやすいとされています。ただし、中国景気に左右されやすいので、高値が付いているうちに売ってしまうのも手ですよ。

中国切手の歴史

中国切手の価格は下がりつつあるとされていますが、それでも高値で取引されています。

特に高値で取引されているのが、文化大革命時代の切手。文化大革命時代の中国切手は発行枚数自体が少なく、わずかしか残っていません。当時中国では切手収集が禁止されており、切手を国外へ輸出することもできなかったのです。切手を持ち出すには海外から来た旅行者が自国へ持ち帰るしかありませんでした。

当時の日本は切手収集がブーム。日本人旅行者が、数多くの中国切手を持ち帰っていたため、今も日本国内に価値ある中国切手が現存しているのです。

そして近年、自国の切手を買い戻そうという中国国内の切手コレクターの動きがあります。切手をコレクターズアイテムとして集める富裕層や政治家がいるため、中国切手の取引が活発化。価格高騰し、高いものには9,000万円以上の値がついた例も。
希少価値の高さと市場の活発化により、中国切手を取引するなら今がチャンスとなっています。

中国切手を編号ごとに紹介

ここで、中国切手の編号や代表的な切手について紹介します。売るときや買うときの参考にしてください。

■そもそも編号とは?
1949年発行の切手から付けられたもの。年代で区切られており、編号をみればおおよそどの時代の切手か分かるようになっています。簡単に言えばジャンル分けの目印です。切手の取引時に目にする「文」「革」「T7」といった文字列が編号にあたりますので、売りたい・買いたいときの目印になります。

■編号はどこで分かる?
編号は切手自体を見ると分かります。切手の表面に「紀90.5-1」のように小さな文字で印刷されているのが編号です。
編号の見方ですが、例えば「紀90.5-1」なら

  • 編号は「紀」
  • 「紀」の中でも90番目に発行されたもの
  • 5枚セットの1枚目


という意味になります。

 

編号ごとの特徴や代表的な切手は?
各編号の切手を、特徴や代表的な切手とその買取相場についてご紹介します。

【編号:紀】
編号「紀」は記念切手という意味です。1949年~1967年の間に発行されました。

年代 1949年から1967年
特徴 記念切手
発行された種類 470種類
代表的な切手 梅蘭芳舞台芸術(紀94)
買取相場 7,000円~
小型シートなら100万円以上

【編号:特】
編号「特」は特殊切手です。記念切手との違いは発行されたきっかけ。特殊切手は中国の勝利を祝う意味で発行されました。

年代 1951年から1966年
特徴 特殊切手
発行された種類 462種
代表的な切手 牡丹シリーズ(特61)
買取相場 15種揃い3万円~
シート18万円~
 

【編号:文】
編号「文」がつくものは、文化革命時代の切手です。この時代に「紀」「特」の切手は廃止されました。また、「文」がつく切手もわずか3年の間にしか発行されていないため、希少価値が高くなっています。

年代 1967年から1970年
特徴 毛沢東時代のもの
発行された種類 全80種類
代表的な切手 毛主席の最新指示(文10)
買取相場 40万円~50万円ほど
 

【編号:革】
「文」と区別するために付けられた編号。現代京劇切手から発番されたものです。「文」と違い、さまざまな図柄があることが特徴です。

年代 1970年より
特徴 絵柄がさまざま
発行された種類 95種類
代表的な切手 オオパンダ2次(革14)
買取相場 15,000円ほど
 

【編号:J】
「紀」と区別するために新しく作られた編号。切手の種類は記念切手になります。

年代 1974年以降
特徴 1974年以降の記念切手
発行された種類 -
代表的な切手 全国科学大会(J25)
買取相場 26,000円~32,000円
 

【編号:T】
「特」と区別するために新しく作られた編号。切手の種類は特殊切手になります。代表的な「T46」の年賀切手は中国で初めての年賀切手として有名です。

年代 1974年以降
特徴 1974年以降の特殊切手
発行された種類 -
代表的な切手 年賀切手 申(T46)
買取相場 20万円~
 

中国切手を売る際に気を付けること

中国切手を売るときに、一番気を付けたいのは価値を知らず安値で売ってしまうこと。切手の名称や編号は切手表面にかかれていますので、確認しましょう。
手持ちの切手を売るには大まかに2つの手段があります。

  • ネットオークションで売る

インターネットオークションは個人が手軽に売買できるとあって、ここ十数年変わらず活発な取引がされています。フリマアプリも登場し、ますますにぎやかになって行く一方で、売りに出したものが相場よりも安値で買われてしまったり、価値の無いものを高値で買ってしまったりするデメリットがあります。

  • 骨董品店に買い取ってもらう

店に直接足を運んだり査定してもらったりと手間がかかるかもしれませんが、専門の業者なら確実です。しかし、骨董品を扱っている買取店ならどこでも良いというわけではありません。中国切手をきちんと鑑定してくれる鑑定士のいる買取業者を選びましょう。

 

中国切手の買取時の鑑定におけるチェックポイント

中国切手を買い取っている買取業者は、どの部分をみて査定額を決めているのか調べてみました。

  • バラかシートか

もともとの価値にもよりますが「赤猿」とよばれる中国切手は、1枚なら10万円ほど、1シート(80枚)なら1,000万円で取引されることもあります。
単純な枚数分が加算されるのではなく「揃っている」という価値がプラスされるようです。

  • 未使用品かどうか

未使用品と使用品では、買取額に大きく差がつきます。ものによってはその差は10倍になることも。

  • キズや状態

もちろんキレイな方が買取額は上がりますが、希少価値が高い切手の場合はキズがあっても十分な価格で買い取ってくれることもあります。
高額で取引されているため、偽物の切手も多く出回っていますので、きちんと本物を見抜ける鑑定士に査定してもらうことおすすめします。

 

中国美術が
得意な骨董品店

本郷美術骨董館本郷美術骨董館公式HPの画像
公式HPを見る

日本美術が
得意な骨董品店

思文閣
思文閣公式HPの画像
公式HPを見る

    西洋美術が
    得意な骨董品店

    アート買取協会アート買取協会公式HPの画像
    公式HPを見る
       
       
      骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI