骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI
信頼できる骨董品買取店NAVI

知らなければ損をする!骨董品の基礎知識を得て買取サービスを賢く利用しましょう

屏風

このページでは、8世紀の作品も現存する屏風の簡単な歴史や代表作品、買取に出す際の鑑定ポイントなどを紹介します。

金屏風に代表される屏風の歴史

屏風はもともと中国で風よけの道具として使われていたもの。それが王族の調度品となり、日本にわたってきたのは686年といわれています。現存する最古の屏風は正倉院が所蔵している「鳥毛立女屏風」で、8世紀の作品。

日本で屏風というと木枠に紙や絹を張ったもので、折り畳み式になっています。ところが、もともと屏風は衝立のことで、この折り畳み式屏風は日本独自のものであり、安土桃山時代から江戸時代に作られた煌びやかな金屏風は海外でも高く評価されていて、かなりの量が海外流出しています。

屏風の変遷と代表作

日本の屏風は6つのパネルで構成され、一隻六扇と呼ばれるものが一般的。これは奈良・平安時代に確立したスタイルで、絵画と違うのは平面よりも折って立てた状態で鑑賞することを重視して工夫された絵柄になっています。絵柄としては四季の移り変わりを描いているものが多く、右から左へ時間軸が移動するようになっています。そのため、正面・左右と視点を変えることで絵柄にも変化が感じられるのも大きな特徴です。

屏風絵には唐絵もあれば日本画の水墨画や大和絵、文人画などがありますが、象徴的なのは狩野派の作品でしょう。江戸時代の幕府御用絵師だった狩野永徳らの作品には「唐獅子図屏風」「洛中洛外図屏風」「聚光院障壁画」などがあり、美術館だけでなく有名寺院などでも所蔵されています。

屏風の買取時の鑑定におけるチェックポイント

一般家庭だと今の時代に屏風を飾っていることはそうないため、古い屏風があったとしてもどこかにしまっておかれたというケースがほとんどでしょう。屏風のような大型骨董品の場合、保存状態がよくないものも多いと思いますが、有名作家の作品や時代が古いものなら高額評価されることもあります。

もちろん、屏風も作者と絵柄、サイズや保存状態が影響しますが、地方の旧家だと思わぬ所蔵品が出てくることもあるようです。

 

中国美術が
得意な骨董品店

本郷美術骨董館本郷美術骨董館公式HPの画像
公式HPを見る

日本美術が
得意な骨董品店

思文閣
思文閣公式HPの画像
公式HPを見る

    西洋美術が
    得意な骨董品店

    アート買取協会アート買取協会公式HPの画像
    公式HPを見る
       
       
      骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI