骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI
信頼できる骨董品買取店NAVI

知らなければ損をする!骨董品の基礎知識を得て買取サービスを賢く利用しましょう

日本画・洋画

このページでは、今や分類が難しい日本画と洋画の簡単な歴史や代表作品と、買取に出す際の鑑定ポイントなどを紹介します。

近代以降の日本画や洋画の歴史

日本人作家によって描かれた日本画と洋画。この分類がされるようになったのは明治時代です。江戸時代以前から描かれていた漢画や大和絵、浮世絵などは日本画に分類されますが、時代が進むに従って洋画の要素も取り入れられるようになり、現代では日本画と洋画が融合している面もあり、その境界もかなり曖昧になっています。

そこで、古美術という意味合いでは墨や岩絵具、和紙などを用いて花鳥画や美人画などを描いた作品を日本画と分類する傾向があるわけです。洋画の方は油絵具や水彩絵具などを用いて、陰影で立体感をつけた作品などが象徴的。

こうした日本画と洋画という分類は日本独自のもので、海外には存在しません。明治以降、西洋美術に触発された作家たちの洋画に対して、日本の伝統的絵画の技法を踏襲する作家たちの作品を日本画と呼んだというのが実情です。

日本画・洋画の変遷と代表作

日本画の代表格といえば狩野派や琳派など。狩野永徳「梅花禽鳥図」尾形光琳「燕子花図屏風」をはじめとするジャポニズムの作品は、19世紀のヨーロッパでも高い評価を得ています。屏風絵や襖絵では雪舟、長谷川等伯、俵屋宗達、伊藤若冲、円山応挙など美術館クラスの作家も枚挙に暇がありません。

近代以降では黒田清輝岸田劉生も日本画に分類されていて、「湖畔」「麗子五歳之像」などは誰もが知っている作品です。

洋画は近代以降となり、二科展の歴史を追っていくと日本の洋画史をわかりやすく把握できると思います。草創期メンバーである有島生馬「鬼」坂本繁二郎「放牧三馬」梅原龍三郎「横臥裸婦」。その後に活躍した藤田嗣治「青衣の女」東郷青児「望郷/ノスタルジア」など、多くの大家がその歴史に名を連ねています。

日本画や洋画の買取時の鑑定におけるチェックポイント

日本画や洋画を売却するにあたって、高く評価されるのが本画、肉筆画、原画。複製画や工芸画はほとんど評価対象となりません。作者、図柄、サイズを専門業者に伝えれば、売買実績や相場価格などから概算査定してくれる場合もあります。

作者がわからない場合は写真で絵柄やサイン・落款などを見てくれるケースもありますが、やはり現物鑑定が必要となるでしょう。

 

中国美術が
得意な骨董品店

本郷美術骨董館本郷美術骨董館公式HPの画像
公式HPを見る

日本美術が
得意な骨董品店

思文閣
思文閣公式HPの画像
公式HPを見る

    西洋美術が
    得意な骨董品店

    アート買取協会アート買取協会公式HPの画像
    公式HPを見る
       
       
      骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI