骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI
信頼できる骨董品買取店NAVI

知らなければ損をする!骨董品の基礎知識を得て買取サービスを賢く利用しましょう

焼物

このページでは、日本を代表する骨董品である陶磁器の簡単な歴史や代表作品、皿や壺などを買取に出す際の鑑定ポイントなどを紹介します。

陶器と磁器の違いなど皿や壺の基礎知識

日本で焼き物といえば一般的には陶磁器を意味します。陶磁器は陶器と磁器の総称で、両者は性質に違いがあるため、まずはそれを説明しましょう。

比較項目 陶器 磁器
おもな原料 粘土 陶石を砕いた石粉
素地 焼きがソフトで荒い質感 焼きが固く緻密な質感
透明度 なし あり
その他 多孔性で水が浸みるため釉薬をかける 水を通さず純白色となる

皿や壺など陶磁器の変遷と代表作

陶磁器自体は紀元前300年、縄文時代から作られていました。釉薬が使われるようになったのは奈良時代といわれ、これによって色付きにも変化が生まれています。

そして、現在骨董品として重宝されるのは主に産地の名前が付いた焼き物で、その中でも代表的なものを3つ紹介しましょう。

  • 伊万里焼(有田焼)

佐賀県伊万里市が発祥地となる伊万里焼。白磁に赤・緑・黄色を使った鮮やかな色合いが特色で、これは色鍋島と呼ばれています。ドイツのマイセンも伊万里焼を参考にしたといわれるほど、影響力の大きな存在です。また、伊万里焼の中でも古伊万里と呼ばれるものは特に骨董品としての価値が高い傾向があります。

  • 美濃焼

岐阜県多治見市で生産される焼き物。卯花墻(うのはながき)という茶碗は国宝にもなっていて、美濃焼自体は古墳時代からあったともいわれています。漆黒が特徴で、瀬戸黒や引出黒と呼ばれています。

  • 瀬戸焼

瀬戸物という言葉が一般名詞になっているほど、瀬戸焼は広く普及しているイメージですが、そのツールは愛知県瀬戸市にあります。植物の灰を原材料とした独自の釉薬を使い、瀬戸焼の骨董品では薄緑色の焼き物が多く見られます。

皿や壺など陶磁器の買取時の鑑定におけるチェックポイント

陶磁器は本来日用品。所有していたのは当時の上流階級であっても、飾るためではなく使うために手に入れたものです。そのためきちんと保存されたもので無数の細かなキズがあることも、一種の真作である証拠ともいえます。骨董品店ならこうした生活痕をきちんと見分けることができます。

また、釉薬のかかり具合や色合い、細かなヒビの入り方などもチェックポイント。陶磁器は近代・現代作家によるものは陶芸とされ、古美術に分類されるのは100年以上経ったものとなります。

 

中国美術が
得意な骨董品店

本郷美術骨董館本郷美術骨董館公式HPの画像
公式HPを見る

日本美術が
得意な骨董品店

思文閣
思文閣公式HPの画像
公式HPを見る

    西洋美術が
    得意な骨董品店

    アート買取協会アート買取協会公式HPの画像
    公式HPを見る
       
       
      骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI