骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI
信頼できる骨董品買取店NAVI

知らなければ損をする!骨董品の基礎知識を得て買取サービスを賢く利用しましょう

刀剣

このページでは、名工の手による刀剣の簡単な歴史や代表作品、買取に出す際の鑑定ポイントなどを紹介します。

反りのある太刀など刀剣の歴史

日本刀の歴史を見てみると、平安中期以前は刃に反りのない直刀のみだったのが、平安後期頃に鉄の鍛錬技術が向上したことから、反りのある太刀が生まれました。

刀剣はその用途から合戦を積み重ねることで進化してきたという側面があります。突くための直刀より、斬る性能が高い太刀へとニーズが変わっていったのも、歴史を振り返ってみれば妥当なものでしょう。

日本刀の代表的な産地は大和国、備前国、山城国、相模国、美濃国の5つ。名工の手により数々の名刀が誕生し、明治以降はこれらを五ヶ伝と呼ぶようになっています。

刀剣の種類と代表作

日本刀の刀剣と呼ばれるものは8種類に分けることができます。

  • 直刀

古墳時代から奈良時代に作られたもので反りのないのが特徴。両切刃造(もろきりはづくり)のものもあり、現在でも同様の刃は作られています。

  • 太刀

平安後期から室町初期にわたって使われたもので、刃の長さは70~80cm程度。反りが高いのが大きな特徴です。

室町中期から江戸末期まで使われたのがこのタイプ。太刀より刃が短めで、反りは低くなっています。その一方で、江戸後期には太刀に近い新刀や新々刀なども出回っていました。

  • 脇差

30.3cm以上60.6cm以下を脇差、36~40cm程度のより短いものは小脇差といいます。桃山~江戸時代は刀とセット大小として使われていました。

  • 短刀

こちらは長さ30.3cm以下のもの。腰刀と呼ばれています。

両刃で反りがないタイプです。

  • 薙刀

先端にかけて反りがあるのが特徴ですが、両刃のものもあります。薙ぎ払うことを目的として作られました。

先端及び柄の形状や長さは時代により様々。先端は直槍と十文字槍とに大別されます。

なお、現在刀剣は美術工芸品という位置づけになります。代表的なものを挙げると、古刀なら鎌倉時代の長船光忠や正宗、室町時代の村正など。新刀なら明寿や虎徹、そして江戸後期の水心子正秀などが有名です。

刀剣の買取時の鑑定におけるチェックポイント

刀剣を買取サービスに出す場合、まず銃砲刀剣類登録証が交付されている必要があります。これがないと、売却はもちろんのこと、譲渡や相続もできないので注意してください。

また、刀剣は作者の署名がある在銘と、作者がわからない無銘とに分けられます。在銘の真偽は日本美術刀剣保存協会などの機関でも鑑定してくれますので、鑑定書があれば骨董品店での買取時にも有利になるでしょう。

その点で、刀剣の買取市場は骨董品の中でも比較的安定している傾向があります。

 

中国美術が
得意な骨董品店

本郷美術骨董館本郷美術骨董館公式HPの画像
公式HPを見る

日本美術が
得意な骨董品店

思文閣
思文閣公式HPの画像
公式HPを見る

    西洋美術が
    得意な骨董品店

    アート買取協会アート買取協会公式HPの画像
    公式HPを見る
       
       
      骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI