骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI
信頼できる骨董品買取店NAVI

知らなければ損をする!骨董品の基礎知識を得て買取サービスを賢く利用しましょう

浮世絵・版画

このページでは、海外でも人気の浮世絵をはじめ日本の版画の簡単な歴史や代表作品と、買取に出す際の鑑定ポイントなどを紹介します。

挿絵から始まった浮世絵の歴史

浮世絵とは花魁や歌舞伎役者、風景などが描かれた江戸時代の版画絵。一般的に知られている作品の多くは色鮮やかなイメージが強いのですが、初期の作品は墨一色で、版画として多色刷りが可能となったのは1765年、鈴木春信らが考案してから。これによって独特の極彩色を持つ浮世絵が世に出始めたというわけです。

浮世絵のルーツは16世紀末、京都の庶民の様子を描いた作品だとされています。本の挿絵だったものが次第に人気を集めて、独立した版画として流通するようになり、今も名を知られる有名作家を多数輩出しています。

ちなみに、海外では19世紀末、包装紙に描かれていた浮世絵がきっかけとなり、ヨーロッパの画家たちにも知られるようになったようです。当時のヨーロッパでは写実派が主流だったこともあり、デフォルメされた浮世絵は芸術家にとってインパクトがあったようで、かのゴッホも浮世絵を油絵で模写したりするなど、高い評価を得ていきました。

浮世絵の変遷と代表作

浮世絵はその歴史の中で4つのタイプに分けることができます。その概要と代表作を紹介していきましょう。

  • 墨摺絵

墨一色で摺られた浮世絵を墨摺絵(すみずりえ)と呼びます。印刷技術として、まだ色を重ねる手法が開発されておらず、代表作には菱川師宣の「吉原の躰」などがあります。

  • 手彩色の浮世絵

墨摺絵に職人が手作業で彩色をしたのが次の時代。時代のニーズとしてカラーの絵が求められたのでしょう。中でも絵具に丹を使った丹絵は色の鮮明さに特徴があり、他にも食紅を使った紅絵や膠を使った漆絵などもこの時期に出回っています。丹絵の代表作としては鳥居清倍の「竹抜き五郎」などが知られています。

  • 紅摺絵

次に生まれたのが墨に加えて紅と草の2色を使った紅摺絵(べにずりえ)。これによってカラーの浮世絵を量産することができるようになります。石川豊信の「中村喜代三郎 市村亀蔵 おきく 幸助」などが代表作です。

  • 錦絵

いよいよフルカラーの浮世絵が誕生します。版ズレの問題を見当という目印を受けることでクリアすることができるようになったわけです。これらは色の鮮やかさから錦絵と呼ばれ、パイオニアでもある鈴木春信の「夕立」を筆頭に、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重といった著名絵師を輩出しています。

浮世絵など版画の買取時の鑑定におけるチェックポイント

浮世絵の鑑定はオリジナルプリントであることを前提とすれば、作者とテーマが重要ポイントになります。これに摺りと保存状態とを加味して買取金額が設定されます。

江戸時代は現在のようなエディションナンバーはなく、売れる作品は何度も刷り直しをしたようですが、最初の100枚は作者や彫り師などがきちんとチェックをしているため、保存状態がよければ高評価となる傾向があります。

なお、切手の絵柄でも知られる菱川師宣「見返り美人」は肉筆ですし、明治以降でも芳年や芳幾といった作者による浮世絵は出ています。版画では 棟方志功など近代作家でも著名な人物はいるので、その価値を知るには一度専門家に見てもらうといいでしょう。

 

中国美術が
得意な骨董品店

本郷美術骨董館本郷美術骨董館公式HPの画像
公式HPを見る

日本美術が
得意な骨董品店

思文閣
思文閣公式HPの画像
公式HPを見る

    西洋美術が
    得意な骨董品店

    アート買取協会アート買取協会公式HPの画像
    公式HPを見る
       
       
      骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI