骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI
信頼できる骨董品買取店NAVI

知らなければ損をする!骨董品の基礎知識を得て買取サービスを賢く利用しましょう

東洋美術の骨董リスト

このカテゴリーでは、中国や朝鮮の書画や焼物など、幅広く親しまれている東洋美術の骨董品に関する基礎知識と、鑑定のために気をつけるべき点などを紹介しています。

書画や青磁・白磁など、中国骨董の注目品

よく「中国には4000年の歴史がある」といいますが、文化・芸術においても非常に長い歴史を誇っています。特に、書画や白磁の陶磁器などは中国から生まれたものであり、その後は世界中に大きな影響を与え続けているのです。

詳細ページでは、それら中国美術・骨董について、4つのジャンルに分けて紹介しているので、まずはその概要をご覧ください。

書画 漢字を生み出した国を象徴する表現手法の代表が、この書画です。書体・詩・水墨画を一体化させた作品は、現代風にいえばマルチメディアアートともいえるでしょう。また、現代の作品ともなると西洋画の要素なども取り入れて多様性を拡げている点も注目です。
焼物 中国の歴史を見てみると、紀元前から施釉陶器を作っていたことに驚きます。そして、青磁や白磁といった芸術性の高い焼物を確立したのも中国。景徳鎮はじめ多くが海外にも輸出されました。英語で陶磁器を「china」と記すのは有名な話です。
文房四宝 いわゆる書道具も中国骨董では人気があり、特に硯は保存性のよさから希少品が現存していることも少なくありません。広東省の端硯などは要注目です。
その他の中国骨董 中国骨董で根強い人気を持つアイテムを集めてみました。翡翠などの宝飾品、印材、仏像、古家具など。かつて日本に相当数が輸入されたものもあります。

青磁・白磁など、朝鮮骨董の注目品

朝鮮半島の古美術・骨董といえばやはり李斯朝鮮=李朝のものがメインとなります。詳細ページでは焼物と絵画、2つのジャンルについて情報整理しています。

焼物 中国の影響から生まれた文化ですが、李朝の白磁はそれ自体が高く評価されています。李朝と一括りにはできず、前期・中期・後期でそれぞれ傾向が別れることも知っておいてください。
絵画 李朝絵画といって連想されるのは、中国の山水画に近いものかもしれません。ただし、李朝後期にはオリジナリティの強い真景山水画も登場しています。
 

中国美術が
得意な骨董品店

本郷美術骨董館本郷美術骨董館公式HPの画像
公式HPを見る

日本美術が
得意な骨董品店

思文閣
思文閣公式HPの画像
公式HPを見る

    西洋美術が
    得意な骨董品店

    アート買取協会アート買取協会公式HPの画像
    公式HPを見る
       
       
      骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI