骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI
信頼できる骨董品買取店NAVI

知らなければ損をする!骨董品の基礎知識を得て買取サービスを賢く利用しましょう

【中国】書画

このページでは、メディアとしての紙を発明した中国から生まれた書画芸術に関する簡単な歴史や代表作品、買取に出す際の鑑定ポイントなどを紹介します。

竹や木に書かれた中国書画の古代史

中国書画の歴史を知るにあたっては、まず紙に文字を書くことがいつから始まったのかを知っておく必要があります。

文字を書き込むための紙が生まれたのは西暦102年、後漢時代の中国といわれています。書写しやすいように着色された紙で、これは蔡侯紙(さいこうし)と呼ばれています。

それ以前は、竹簡や木簡が書写材料として使われていましたが、場所をとるし重いしで、紙が普及するに連れて、これらはなくなっていったわけです。

なお、竹簡や木簡は歴史資料としてはいうまでもなく、書家にとっては古代書体の見本ともなる貴重なものでもあります。

紙によって生まれた中国書画の特徴

水墨画といえば、墨だけの濃淡やにじみ、ぼかしといった手法が大きくその表現や様式に影響をしています。これこそ、紙に書くことが広まったからこそ確立した文化ともいえるのです。

現代人から見れば、紙は細かな繊維が集まってできている素材で、水分が浸みていく構造であることも簡単に理解できます。

この構造があるから、墨汁の濃淡や筆の強弱によって、墨一色でも非常に多彩な表現が可能となったわけです。

中国書画は文字通り書と画が一体となった作品を生み出し、これらを書法水墨画と呼ぶようになります。この中国独自の表現方法は宣紙という独自の紙があってこそ完成されたアートといえそうです。

中国書画における書体とは

中国書画を知るには、書体に関する基礎知識も必要です。代表的なものは篆書(てんしょ)、隷書、草書、行書、楷書の5つで、この順番に完成されたといわれています。それぞれを簡単に説明しましょう。

篆書 紀元前5世紀の春秋時代にまず大篆が完成され、それを簡略化したものが小篆。小篆は秦の時代に李斯(りし)が完成したもので、現在篆書といった場合は小篆を意味します。
隷書 篆書がまだ象形文字の名残を感じさせるのに対して、現代でも使われている書体。秦から唐の時代にかけてできあがった書体で、後漢の八分(はっぷん)が代表格。
草書 速記を目的としたもので文字も省略して書かれます。平仮名の元になったともいわれています。
行書 行書は文字の一部が続き書きになっているものの、文字そのものの画数などは変わらない書体。
楷書 現代の書道などでは漢字の基本とされる書体。一画ごとに筆を紙から離して書きます。また、カタカナのもとにもなっています。

ここで、まず知っておかなければならない人物は「王羲之(おうぎし)」。”書聖”と謳われるこの人なくして、書の歴史は始まりません。

末子の「王献之(おうけんし)」とともに、後世に続く書の体系の基礎を築いたことで知られ、平安時代の日本でも書の手本として重用されています。もちろん、今でも書の手本として超定番となっています。

残念ながら、王羲之の真筆(本物の書)はすでに失われているとされ、それを手本とした後世の名書家の手蹟さえ、重要な文化財とみなされているほどです。

なお、それぞれの書体の中でも時代変遷や書家による違いがあり、時の政府によって標準書体も移り変わっています。

中国書画の代表作

中国書画の作家の中でも高価買取作家として知られる巨匠たちを一部紹介します。

  • 斉白石(さいはくせき)

中国政府から人民芸術家の称号を授かった大家。「借山図巻」や「石門二十四景」などが代表作で、日本との所縁も深い作家です。

  • 張大千(ちょうたいせん)

洋画の技法も取り入れた独特の画風で知られる作家。代表作は「廬山図巻」や「撥墨荷花図」などで、欧米でも高評価されています。

  • 呉昌碩(ごしょうせき)

西洋紅を中国書画に取り入れたパイオニア。「牡丹水仙図」や「梅花図」などが代表作。

  • 林風眠(りんふうみん)

パリで油絵を学んだ経歴を持ち、中欧融合の先駆者。「倚窗撨琴圖」など人物画をはじめ西洋画の影響が強く感じられます。

  • 傅抱石(ふほうせき)

日本での留学経験を持つ中国画の大家。スケールの大きな山水画で知られ、「黄河清」などの作品があります。

  • 黄賓虹(こうひんこう)

濃い水墨と鮮やかな色彩を組み合わせた、現代中国山水画の潮流を作った作家。「雨過図」や「西湖棲霞図」などが代表作です。

  • 黄冑(こうちゅう)

人物画や動物画で知られる現代中国作家。代表作に「飛雪迎春」などがあります。

  • 呉作人(ごさくじん)

油絵を描いていた時期を経て、中国画に取り組むようになった作家。晩年は動物をモチーフとした作品が多く、代表作は「漠上所見」など。

  • 李可染(りかせん)

山水画をはじめ素描や油画を学び、遠景が印象的な作風で知られています。「万山红遍」、「漓江山水天下无」などが代表作です。

中国書画の買取時の鑑定におけるチェックポイント

中国書画の査定で重要となるのは、箱と署名、そして鑑定書です。署名の有無は絵画全般にいえますが、中国書画の場合は箱の有無がとても重視される点が他ジャンルの絵画とは少々違う点かもしれません。

中国書画は歴史も古く、時の国や政府も大きく変動してきたため、古美術品もその出自をきちんと調べるのは容易ではありません。

また、現代作家の作品でも贋作や工芸印刷品が相当数流通しているのも中国美術の難しいところ。きちんとした鑑定ができる骨董品店なら安心できますが、多ジャンルと比べて専門家が在籍していないところは避けた方がいいと思います。

中国美術の買取りが得意な骨董品店

本郷美術骨董館

本郷美術骨董館公式HPの画像
所在地: 東京都文京区本郷5-25-17 本郷美術ビル2F
アクセス: 地下鉄丸の内線・大江戸線「本郷三丁目」駅から徒歩5分
営業時間: (月~土)10:00~19:00
(日)10:00~17:00

北は北海道から南は九州まで、全国の直営店で買取に対応しています。店舗までが遠い人も、出張や宅配、写真での鑑定に対応しているので、心配はいりません。もちろん店頭でも買取りをしています。

公式HPはこちら>>

 
 

中国美術が
得意な骨董品店

本郷美術骨董館本郷美術骨董館公式HPの画像
公式HPを見る

日本美術が
得意な骨董品店

思文閣
思文閣公式HPの画像
公式HPを見る

    西洋美術が
    得意な骨董品店

    アート買取協会アート買取協会公式HPの画像
    公式HPを見る
       
       
      骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI