骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI
信頼できる骨董品買取店NAVI

知らなければ損をする!骨董品の基礎知識を得て買取サービスを賢く利用しましょう

【中国】焼物

このページでは、景徳鎮など中国の陶磁器に関する簡単な歴史や代表作品、骨董品店へ買取に出す際の鑑定ポイントなどを紹介します。

兵馬俑をはじめ中国の陶磁器の歴史

中国における陶器と磁器の定義は日本やヨーロッパと異なります。焼成温度が1000度以下なら陶器、1000以上を磁器として、釉薬を使った焼き物はすべて磁器とされます。

中国では紀元前の殷・周時代からすでに施釉陶器を作っていて、これらを原始青磁といいます。春秋戦国時代には陶製の人形である兵馬俑が作られていますが、これらは赤・黒・白といった絵具で彩色されているのも特徴です。

青緑色の青磁が発達したのは三国時代。当初は墓の副葬品で、南北朝時代になって各地に日用品としての青磁が広まっていきます。そして、随の時代になって白磁が登場。芸術として全土に陶磁器が普及していったのは宋の時代で、窯ごとに個性を持つ焼き物が生まれています。

その後、明になると景徳鎮以外の窯は次第に縮小、清建国の動乱に伴ってその景徳鎮さえも大きく生産を減らしています。

中国の陶磁器の代表作

中国の歴史は複雑で、時代によって複数の国が乱立するなど陶磁器の変遷においても大小様々な窯が繁栄と衰退を繰り返してきました。その中で、代表的種類でもある以下の4つを紹介しておきます。

  • 釉裡紅

14世紀、明の時代に多く見られる技法。顔料としては銅を用い、オリエンタルな文様が描かれていて、輸出用の磁器として人気を集めました。

  • 景徳鎮

景徳鎮窯は中国の磁器を代表する青花を14世紀前半に生み出しています。白磁にコバルトで文様が描かれ、透明釉を使った彩画磁器で、文字通り青い花の模様は広く海外にも広まっていきました。

  • 康煕官窯

清の時代、景徳鎮と入れ替わるように栄えていった窯。青花や五彩などは当事、康煕官窯が中心的存在として生産されていました。康煕帝の命令を受けた窯で、ヨーロッパの技術なども研究した成果が伺えます。

  • 民窯

日常品としてのニーズに応えたのが民窯で作られた青花。15世紀頃の作品で、独自の雲形文様を採用した雲堂手が知られています。

中国の陶磁器の買取時の鑑定におけるチェックポイント

中国の陶磁器は広く海外に輸出されたという歴史もあるため、真贋の見極めが鑑定のポイントとなっています。景徳鎮の青花などポピュラーなものなら、贋作もかなりの数が出回っていてもおかしくないほど。

そこで、買取を依頼する骨董店を選ぶ際も、中国陶磁器に精通した鑑定実績のあるところに相談すべきです。

中国美術の買取りが得意な骨董品店

本郷美術骨董館

本郷美術骨董館公式HPの画像
所在地: 東京都文京区本郷5-25-17 本郷美術ビル2F
アクセス: 地下鉄丸の内線・大江戸線「本郷三丁目」駅から徒歩5分
営業時間: (月~土)10:00~19:00
(日)10:00~17:00

北は北海道から南は九州まで、全国の直営店で買取に対応しています。店舗までが遠い人も、出張や宅配、写真での鑑定に対応しているので、心配はいりません。もちろん店頭でも買取りをしています。

公式HPはこちら>>

 
 

中国美術が
得意な骨董品店

本郷美術骨董館本郷美術骨董館公式HPの画像
公式HPを見る

日本美術が
得意な骨董品店

思文閣
思文閣公式HPの画像
公式HPを見る

    西洋美術が
    得意な骨董品店

    アート買取協会アート買取協会公式HPの画像
    公式HPを見る
       
       
      骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI