骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI
信頼できる骨董品買取店NAVI

知らなければ損をする!骨董品の基礎知識を得て買取サービスを賢く利用しましょう

【中国】文房四宝

このページでは、書道の骨董品、文房四宝に関する簡単な歴史や代表作品、買取に出す際の鑑定ポイントなどを紹介します。

中でも硯に注目したい中国の文房四宝の概要

中国では書道で使う4つの文房具、筆・墨・紙・硯を文房四宝と呼びます。数多の文人たちがこれらの道具を大切に扱い、特に消耗の少ない硯は骨董品として高い価値があるとされています。まずはこの文房四宝について、その概略を説明しておきます。

現存する最古の筆は紀元前、楚の遺跡から出土した長沙筆。中国では兎や羊の毛を筆の穂に使ってきた歴史があり、特に浙江省の湖筆が代表的存在です。

墨と紙の代表は安徽省の徽墨宣紙。徽墨は鮮やかな墨色を発し、数十年経っても変わらず使えるのが特徴です。その歴史も千年以上に及びます。宣紙は弾力があり劣化しにくいといった点で重宝され、呼び名は産地の安徽省宣城に由来しています。

そして硯なら広東省の端硯。素朴ながら格調があり、石が硬くて滑らかな実用性の高さも魅力です。

中国の文房四宝、硯の種類や産地

ここでは特に中国の硯について、その種類や産地などを紹介していきます。

硯として現物が確認されているのは秦の時代のもの。これは磨石を伴ったもので、その後は固形墨の登場と並行して、磨石はなくなり池が作られるなどの変化が起こっています。

硯の代表的形状は長方形で墨堂と墨池のあるもので、これは長万硯。硯の裏側がくり抜かれたものが太子硯。そして、池のないものを硯板といいます。

陶器や金属などでできた硯もないわけではありませんが、多くが自然石を使っています。代表的な硯の石材を産地とともにまとめてみましょう。

  • 端渓石

広東省肇慶市が産地で硯石の中でももっともポピュラーなもの。色合いは紫がかった傾向があり、石紋があるのも特徴です。虫の化石が入った石眼は特に希少性が高い硯となります。

  • 歙州石(きゅうじゅうせき)

江西省及び安徽省の山中から採れる硬質な石。重厚感のある蒼黒で、石紋も美しいものが見られます。

  • 松花江緑石

産地は吉林省扶余県。色合いは緑が基調で黄色や白などの層ができるのが特徴。鑑賞用の硯が多いようです。

中国の文房四宝の買取時の鑑定におけるチェックポイント

骨董品の世界で、近年、中国の文房四宝は注目度が高まっている傾向もあり、積極的に買取をしている専門店も少なくありません。

日本にも長い歴史の中では多くの中国製文房具が輸入されているので、逸品が手元にある可能性はあります。円硯など形状が変わったものなどは高評価されるケースがあるようです。

 

中国美術が
得意な骨董品店

本郷美術骨董館本郷美術骨董館公式HPの画像
公式HPを見る

日本美術が
得意な骨董品店

思文閣
思文閣公式HPの画像
公式HPを見る

    西洋美術が
    得意な骨董品店

    アート買取協会アート買取協会公式HPの画像
    公式HPを見る
       
       
      骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI