骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI
信頼できる骨董品買取店NAVI

知らなければ損をする!骨董品の基礎知識を得て買取サービスを賢く利用しましょう

その他の中国骨董

このページでは、装飾品や宝飾品、印材、仏像、古家具などに関する簡単な歴史や代表作品、買取に出す際の鑑定ポイントなどを紹介します。

印材や装飾品など中国骨董の物品解説

まず、焼き物や文房四宝以外でも買取が期待できる中国骨董について概要を説明しておきましょう。

  • 装飾品、宝飾品

中国では宝石を総称して玉と呼びます。それを使ったものが玉器で、遙か新石器時代から装飾品だけでなく実用品としても使われてきた長い歴史があります。中でも翡翠は珍重され、その耐久性が不老長寿家族安泰のシンボルともなり、多数の玉器で使われています。

なお、翡翠には硬玉と軟玉があり、一般的に高価なのは硬玉ですが、中国の玉器では軟玉の方が価値は高いとされ、中でも最上質のものは羊脂玉と呼ばれています。

  • 印材

印材とは文字通り印章を掘る材料。多くは葉蝋石(ようろうせき)という石で、掘りやすさもさることながら、色や模様の豊富さや手触りのよさが文人たちを魅了しました。特に貴重とされるのが福建省寿山で採れた田黄(でんおう)という石で、金よりも高価といわれています。

  • 仏像

中国の仏像のルーツは西暦190年頃、後漢末期に建てられた仏寺と金銅像が最古のものとされています。塗金の銅像で、この金銅仏は唐の時代に最盛期を迎え、その後は衰退していきます。明・清の時代に再び金銅仏が作られるようになり、初期の仏像よりは大型になり、装飾も凝ったものになっています。

  • 古家具

中国アンティーク家具は明朝家具と清朝家具、この2大様式が人気を集めています。前者は、いわばシンプルモダンが特徴で、後者はそれを継承しつつも装飾や材質などの面でバリエーションが増えているのが特徴です。

中国の骨董品の買取時の鑑定におけるチェックポイント

日本での中国人による爆買いツアーは度々ニュースで目にしますが、美術品の世界でもそうした傾向はあります。中国の富裕層は美術品でも桁外れな買い方をするケースが珍しくなく、特に日本から逆輸入する中国骨董は質がいいと受け止められているようです。

従って、焼き物や文房四宝以外の装飾品や印材なども思いの外いい値段で買い取ってもらえる可能性もあります。もし、20年以上前に入手した中国骨董があるなら、購入価格よりも高値で売れる傾向もあるほどです。

これは、2007年に改定された中国文物の海外持ち出し基準の影響で、今となっては1911年以前の文物は海外に持ち出せなくなっているから。そこで、昭和の時代に日本に入ってきて、比較的保存状態のよい中国骨董が人気になっているわけです。

 

中国美術が
得意な骨董品店

本郷美術骨董館本郷美術骨董館公式HPの画像
公式HPを見る

日本美術が
得意な骨董品店

思文閣
思文閣公式HPの画像
公式HPを見る

    西洋美術が
    得意な骨董品店

    アート買取協会アート買取協会公式HPの画像
    公式HPを見る
       
       
      骨董品・古美術の高価買取が期待できるおすすめ買取店NAVI